妊産婦医療費助成(マル福医療福祉支給制度)

[概要]

妊産婦の方が医療費助成の対象となる疾病にかかられた場合、必要となる医療を容易に受けられるよう、病院などにかかった場合の自己負担分の費用を公費で負担する制度です。保険適用外分(健康診断、薬の容器、差額ベッド、証明書手数料等)は、本制度の対象となりません。

●自己負担について
外来診療は、「医療機関ごと(院外薬局を除く)に1日600円、1か月2回(1200円)を限度とする」外来自己負担金を支払っていただきます。
入院治療については、1日300円、1か月3000円を限度として入院負担金がかかります。
また、入院時の食事代もマル福制度の対象外ですので、自己負担となります。
●対象となる主な疾病
・異常妊娠(妊娠悪阻、切迫流産、流産、切迫早産、早産、妊娠高血圧症候群、過期妊娠など)
・異常分娩(微弱陣痛、過強陣痛、児頭骨盤不適合妊娠、軟産道強靭、回旋異常、胎位異常、多胎分娩など)

[支給内容]

●茨城県内については、助成の対象となる疾病の治療のために医療機関にかかる際には、「マル福医療福祉費受給者証」と「保険証」を医療機関(院外薬局を含む)に提示して治療を受けてください。
●茨城県外については、受給者証は使用できませんので、医療機関の窓口で一部負担金をいったん全額支払い、診療を受けた翌月以降に、「領収書(受診者名、保険点数、診療月の記入があり、領収印の押印のあるもの)」、「保険証」、「受給者証」、「預金通帳」、「印鑑」を持参のうえ保険年金課医療福祉係に請求してください。

[対象者]

結城市に住所がある方で、各種健康保険に加入している妊産婦の方です。
支給期間は、母子手帳交付日の月初めから出産日の翌月の末日まで(ただし、医療福祉費の申請をしないと利用できません)

[申請できる人]

本人もしくは、そのご家族

[申請期日]

『母子手帳』交付後、早急に申請をしてください。

[手続きなど詳しくは]

「マル福医療福祉費支給制度(結城市サイト)」をご覧ください。

マル福医療福祉費支給制度(結城市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく